Amazonにおける商標権(知的財産権)侵害の対処法と対策

 

先日、Amazonアカウントスペシャリストから一通のメールが届きました。

件名は「Amazon.co.jpからの重要なお知らせ」だったので、

確実に良い内容のメールではないこと察しながら開封したところ・・・

 

平素は Amazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

本メールは下記ASINいずれかを出品されている方に向け送信いたしております。

 

このEメールの末尾に記載されている商品が商標権を侵害しているという主張が権利者から届きましたので、ご連絡差し上げます。

 

本Eメールの末尾に記載されている商品の出品をキャンセルさせていただきましたのでご了承ください。

 

この商品の出品を再開するには、権利者からの申し立ての取り下げが必要になります。

 

●●●●(申し立てた人の名前)
●●●●@●●.co.jp(メールアドレス)

 

権利者が申し立ての取り下げに同意した場合は、notice-dispute@amazon.co.jp まで申し立ての取り下げをお知らせいただくよう権利者にご依頼ください。

 

申し立ての対象となった商品が権利者の商標権を侵害していないと思われる場合は、補足情報を添えて notice-dispute@amazon.co.jp までEメールでお知らせください。

 

たとえば、請求書や注文番号などが考えられます。

 

当サイトは知的財産権の侵害に対する申し立てを深刻に受け止めております。

 

出品者様の商品についてさらに問題に関するご連絡が寄せられた場合には、直ちにアカウントが閉鎖される場合がございますのでご了承ください。

 

本ポリシーについてさらに詳しく知るには、セラーセントラルのヘルプページにて「知的財産権その他の権利侵害」をご確認ください。

 

ASIN:●●●●
侵害の種類:商標権 
申し立て番号: ●●●●

 

アカウントの健全性の詳細については、セラーセントラルの「パフォーマンス」セクション(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/seller-rating/pages/performance-summary.ht…)でご確認いただけます。

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

アカウントスペシャリスト
Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/marketplace

 

商標権の侵害についてのメールでした。

やはりこれ系か・・・

今までメーカーから直接商標権のクレームを受けたことはありましたが、Amazonのアカウントスペシャリスト経由での警告は初です。

商標権の侵害って?

私自身、商標権はざっくりと著作権的なものだろうという認識しかなかったので、今回改めて調べてみたのですが、

どうやらAmazonなどの物販における商標権の侵害とは、『メーカーが許可していない販売者が勝手に商品を販売している』ということだそうです。

メーカーが許可していない人は商標登録されているものを勝手に売ったらダメだよー」と指摘されている状態のようです。

なので、その商品をどこから仕入れたのかによって対処方法が変わってきます。

対処方法

対処方法は先ほど書いた通り、仕入れのルートにより異なります。

メーカーや卸などの正規ルートから商品を仕入れている場合は「1.メーカー・卸仕入れの場合」を、

店舗やヤフオクなどせどり仕入れの場合は「2.せどり仕入れの場合」を参照してください。

1.メーカー・卸仕入れの場合

仕入れ先に問い合わせましょう。正規のルートから仕入れている場合、商標権の侵害にあたらない可能性が高いです。

メーカー仕入れ

メーカー仕入れの場合は、メーカーが販売を許可していないなんてことはあり得ないので、

「商標権の侵害で出品がキャンセルになったのでAmazonへの申し立てを取り下げてください」と直接言いましょう。

卸業者・代理店仕入れ

卸仕入れの場合は、まず卸業者に連絡してAmazonから商標権の侵害の警告がきたが、正規品であるか、販売しても問題ない商品であるかの再確認を行いましょう。

この際、メールで文字として形が残るように連絡しましょう。

そしておそらく正規品で販売しても問題ない商品であるとの回答がくるため、メーカーに申し立てを取り下げる旨を連絡してもらうか、自分で連絡しましょう。自分で連絡するときはメーカーとのやり取りをスクショして一緒に送るといいです。

万が一、偽物や販売してはダメな商品を卸している業者であれば契約を切りましょう。笑

 

2.せどり仕入れの場合

店舗や電脳仕入れの場合はすこし面倒です。

悪いのは完全にこちら側という可能性が高いからです。

メールにアカウント停止という文字もあって焦るかもしれませんが、ひとつずつ落ち着いてこなせば大丈夫です!

やるべきことは次の3つになります。

商標権侵害でやるべきこと
  1. メーカー(申し立て者)にメール
  2. アカウントスペシャリストにメール
  3. 在庫の回収

メーカー(申し立て者)にメール

まずは、メーカーに謝罪のメールを送ります。

アカウントスペシャリストからのメールに申し立て者の連絡先が記載されているのでそこに送れば大丈夫です。

Amazon商標権の侵害の対処方法

 

テンプレも紹介するので参考にしてみてください。

メーカーへのメールテンプレ

株式会社〇〇  〇〇様

 

商標権の件でご連絡を頂きました、〇〇(店舗名)の〇〇(名前)と申します。

 

この度は御社に多大なご迷惑をおかけして、心から申し訳なく、深くお詫びいたします。

 

御社からご連絡をいただくまで商標権の侵害にあたるとは知らずに販売をしておりました。

 

当該の商品については、出品の停止と在庫の回収を行わせていただきました。

 

今後、御社の商品は一切販売いたしません。

 

大変身勝手ではございますが、Amazonでの他商品の販売継続のため、

 

商標権侵害の申し立ての取り下げをお願いしたく存じます。

 

この度は本当に申し訳ございませんでした。

 

メールにてたいへん恐縮ではございますが、取り急ぎ、お詫びを申しあげます。

これでメーカーから返信がくればすっきりするのですが、多分来ないです。笑

 

アカウントスペシャリストにメール

アカウントスペシャリストにもメールを送ります。

送信先は商標権侵害が通知されたときのメールに記載されています。

Amazon商標権侵害の対処方法

 

こちらもテンプレを紹介します。

アカウントスペシャリストへのメールテンプレ

アカウントスペシャリスト ご担当者様

 

商標権の関係でご連絡を頂きました、〇〇(店舗名)の〇〇(名前)と申します。

 

この度は下記の商品について、当店の不手際でご迷惑をおかけし

 

大変申し訳ございませんでした。

 

ASIN:〇〇
侵害の種類:商標権 
申し立て番号:〇〇〇〇

 

当該の商品については、出品停止、在庫の回収を行わせていただきました。

 

今後商標権の侵害にあたる商品は一切販売しないよう、十分に注意いたします。

 

この度は本当に申し訳ございませんでした。

このようにどのような対応を行ったか謝罪の姿勢を見せるメールを送信しました。

数時間後にAmazonアカウントスペシャリストから返信があり・・・

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

このたびは、先にお知らせいたしました知的財産権侵害の件につき、ご対応をいただけた旨をご連絡をいただき、ありがとうございます。

 

なお、このたびご提供いただいた情報をもとに慎重に審査した結果、本Eメールの末尾に記載されている商品の再出品は認められないという判断に至りましたので、ご連絡いたします。もしこの商品の出品再開を希望するには、権利者からの申立ての取り下げが必要になります。

 

ASIN: 〇〇〇
申し立て番号:〇〇〇〇

 

何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

アカウントスペシャリスト
Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/marketplace

商品の出品再開を求めているわけではないので出品許可が下りないのは問題ないですが、肝心のアカウントに関することが書いていません。笑

うーん・・・不安要素が残りますが、メールの内容からして今すぐアカウント停止になるといった姿勢ではなかったので、これ以上余計な動きはせずこのままにすることに。

おそらく出品を取り下げて、在庫回収していれば問題ないかと思われます。

 

在庫の回収

在庫が残っている場合は、FBA倉庫から返送します。

戻ってきた商品についてはメルカリ・ヤフオクで捌くことにしました。

FBA在庫の返送方法

商標権侵害の警告をもらわないための対策

モノレートから予測する

モノレートから商標権の警告がくる商品なのかある程度予測することができます。

モノレートでチェックすべきポイントは次の2点です。

POINT
  • 出品者の数が急減している
  • 売れているのに出品者が1人だけの期間が長い

実際にはこのような波形です。

Amazon商標権の侵害

 

商品ページから予測する

Amazonの商品ページを見て、メーカー本体がいる場合は危険な商品の可能性が高いです。

何も言われない商品もあるようですが、控えておいた方が無難かと思われます。

 

特許情報プラットフォームで検索する

特許・実用新案、意匠、商標の簡易検索 – 特許情報プラットフォーム

ここで①「商標を探す」にして、②「商品名」などで検索をかけます。

ヒットした場合は、商標を取得している商品ということになるので出品は控えましょう。

商標の検索

 

まとめ

今回は商標権侵害の警告に対して僕が実際にとった対応を紹介しました。

メーカーとアカウントスペシャリストにメールを送っていますが、出品を取り下げ、商品を回収するだけでいいような気もします。

アカウント健全性のページをずっと監視していましたが、数字は変わりませんでした。

 

Amazon商標権侵害の対策

どのような状態になるとここにカウントされ、どうなれば0に戻るのかメカニズムはわかりませんが、

メーカーが申し立てを取り下げない限りここにカウントされ、アカウントパフォーマンスが低下する

といったことはなさそうです。

ただ、アカウント的に問題なくても、迷惑をかけたことに変わりないので謝罪するというのは販売者として大事だと思います!

こういった商品を二度と仕入れないように、しっかりとモノレート見て仕入れようと再認識しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください