【2018年11月 最新版】Amazon レゴの出品規制を解除する方法

レゴ

 

最近作成したサブアカウントで色々と出品規制がかかっていて、その内のひとつにレゴがありました。

レゴは利益が出しやすいので何とか解除しようと動いたところ、無事解除できたので

今回は僕が実際にやった方法を紹介しようと思います。

 

※2018年11月12日追記
読者様より質問をいただいたのですが、問い合わせフォームの不具合で返信アドレスが表示されなく、返信できない状態なのでこちらの記事にて回答させていただきます。

≫追記内容はこちら

出品規制の解除方法

レゴに限らず、Amazonの出品規制を解除する方法は2つしかありません。

  1. 商品の購入に対してメーカーまたは卸業者が発行した請求書1通以上を提出
  2. ブランドからの商品の販売を許可する書類1通を提出

 

2の「ブランド(メーカー)からの商品の販売を許可する書類」はハードルが高いです。法人化していればメーカーに相手してもらえるかもしれませんが、個人の副業レベルでは厳しいと思われます。

なので、1.「商品の購入に対してメーカーまたは卸業者が発行した請求書1通以上を提出」の方法で解除することになります。

請求書に必要な要件

請求書を提出して解除するのですが、Amazonが提示している要件をクリアする請求書である必要があります。

Amazonが示している要件は次の6つです。

請求書に必要な要件
  1. 日付が180日以内
  2. 出品者の名前と住所が含まれている
  3. メーカーまたは卸業者の名前と住所が含まれている
  4. 合計10点以上の購入を表示
  5. 価格情報を省略(任意)
  6. Amazonが申請時に通知された企業に連絡し、提出書類を検証する場合があることをご了承ください。

これらの情報が入った請求書を用意しなければなりません。

実際の解除手順

出品規制解除までの流れは次の3ステップです。

  1. 請求書の用意
  2. 請求書のアップロード
  3. Amazonによる審査

それぞれ解説していきます。

STEP1.請求書の用意

ネット販売している卸業者から実際に商品を仕入れて請求書をもらうといった形になります。

ネット販売をしている業者の請求書では審査が通らないという話もありましたが、普通に通りました。

僕は『カワダオンライン』という卸業者から仕入れました。

カワダオンラインの会員登録

カワダオンラインは会員制なので会員登録をする必要があります。

次の手順で行っていきます。

こちらにアクセスするか、Googleで「カワダオンライン」と検索

 

レゴの出品規制解除

▼トップページ右上の「新規会員登録」をクリック

 

レゴの出品規制解除

▼必要事項を入力し、「入力内容を確認する」をクリック

 

カワダオンラインの会員登録

カワダオンラインの会員登録

カワダオンラインの会員登録

▼数日後、会員登録完了メールが届く

 

カワダオンライン会員登録

これで無事会員登録は終了です!

 

仕入れ商品の選定

仕入れする商品を選択するのですが、2つ注意点があります。

注意点
  1. 合計金額が10,000円以上でなければならない(カワダオンライン側の条件)
  2. 商品点数が10点以上でなければならない(Amazon側の条件)

10,000円以上という縛りがあるので、適当に仕入れるわけにもいきません。

請求書を用意するために仕入れするわけですが、ここで仕入れた商品もAmazonで販売します。

なのでAmazonの価格と比較して、利益が取れる or 損失が少ない商品を選定しましょう。

僕は10,000円仕入れて、8,000円くらい返ってくるようなかんじで選びました。(割と適当です。笑)

実質2,000円で審査通れば儲けもんという考えです。

 

請求書のダウンロード

発注してから3日後くらいに請求額の案内メールが送られてきます。

メールのURLから、請求書のデータをダウンロードします。

レゴの出品規制解除

 

請求書の内容を確認

請求書の内容がAmazon側の要件を満たしているかの最終確認を行います。

レゴの出品規制解除

 

STEP2.請求書のアップロード

STEP1で入手した請求書をAmazonの出品申請フォームにアップロードします。

①商品登録から「レゴ」と検索して、出品制限がかかっている商品を選択

レゴの出品規制解除

 

 

②「出品許可を申請する」をクリックする

レゴの出品規制解除

※画像ではその他の学習玩具商品となっていますが、レゴの場合「おもちゃの積み木」になっていると思います。

 

 

③小売店/販売店を選択して、ファイルの選択から請求書をアップロードする

レゴの出品規制解除

 

 

④商品外箱にあるCEマークの写真を撮ってアップロードする

レゴCEマーク
レゴの出品規制解除

 

 

⑤以下の項目は任意なので何もしない

レゴの出品規制解除
レゴの出品規制解除

 

 

⑥メールアドレスを入力して、送信をクリック

レゴの出品規制解除

 

STEP3.Amazonによる審査

アップロードが完了すると、Amazonで審査が行われ、一週間以内には結果が出ると思います。

僕の場合はメールで通知されずにしれっと審査通過してました。笑

審査の結果は商品登録画面の「出品申請のステータス」から確認できます。

 

出品申請のステータス

出品申請のステータス

 

質問の回答

▼質問

ブログ拝見いたしました。

 

大変勉強になる内容ばかりで、初心者の私には目からウロコものです。

 

そこでなのですが、現在、例の出品制限に悩まされております。

 

カワダオンラインには登録済みなのですが、請求書をアマゾンに提出する際に、10点以上の発注請求書でなければならないと書いてありますが、出品制限を解除するブランド品を10点以上購入しなければならないのか、それとも10点以上の中で出品解除申請に該当するブランド商品が含まれていればよいのかが、わからなかったのでご質問させていただきました。

 

アドバイスいただければ幸いです。

 

▼回答

ご質問ありがとうございます。

また、ブログを見ていただきありがとうございます!

カワダオンラインで10点注文する商品の内、すべてを出品制限の対象ブランドにする必要があるかという質問ですね。

僕は全部を対象ブランドの商品にしました

ブランドが含まれていれば大丈夫かどうかはやっていないのでわかりませんが、Amazonのページには「請求書に記載されている商品は、承認申請をしている商品カテゴリーに関連している必要があります」とあるので全部対象ブランドにしておいた方が間違いないと思います。

却下されて無駄な仕入れになると痛いですし^^;

また、在庫の回転率を上げるために、商品を4~5種類くらいで10点にするといいです。

回答は以上になります^^

なにかあればまたいつでも聞いてくださいね!

まとめ

僕はこの方法でレゴの出品規制が解除できましたが、この先ずっとこの方法で審査が通るかはわかりません。

解除したい方は早めに行動したほうがいいです。

時期やタイミングによっては出品申請のボタンをワンクリックで解除できることもあるようなので、そのタイミングが来るのを待つのもひとつの手段です。

今回紹介した方法は、卸業者から実際に仕入れて、その請求書で解除するという正攻法ですが、請求書の偽造等は絶対にやらない方がいいです。

バレたらおそらくアカウント削除されます。

今回はレゴの出品規制解除を解説しましたが、他のカテゴリーにも応用できると思います。

参入障壁がある=ライバルが少ない なので

さっさと解除してガンガン売りまくっていきましょう!

注意

僕のアカウントではこの記事の方法で出品規制が解除できましたが、卸からの仕入れは自己責任でお願いします。審査が通らなくお金を無駄にした等の苦情は一切お受けできませんのでご了承ください。

 

4 Comments

りなる

勉強中です。この180日の範囲内の請求書とありますが、
新たに出品制限が解除されても、180日を超えると制限がかかるのですか?
それとも一度審査が通ればもう大丈夫なのでしょうか

返信する
もび

りなるさん

審査が通れば180日を過ぎても大丈夫ですよ^^
180日以内というのは審査時に必要なだけです。

返信する
まあちゃん

質問失礼します。例えば、京商のラジコンカーの規制を解除したいとしたら、カワダオンラインで、京商の商品を10点(色んなカテゴリーの物)を注文すればいいのでしょうか?それとも、ラジコンカーばかりを10点注文すればいいのでしょうか?

返信する
もび

出品規制の対象が何かによります。
「京商」というメーカー(ブランド)にかかっているのであれば京商の商品の請求書が必要で、
「ラジコン」カテゴリに制限がかかっていれば同じカテゴリーに登録されている商品の請求書が必要となります。
間違いないのは「京商の商品」かつ、「ラジコンカテゴリ」に登録されている商品を仕入れることですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください